ピアノを弾くときに

こんなお悩み

ありませんか?


✖︎力が入っていると先生に言われている。

✖︎自分でも何が原因かわからないが弾きづらい

✖︎練習していたら手が痛くなった

✖︎もっとラクに弾けるんではないかと思っている。

✖︎練習をたくさんするのにちっとも上達しない

✖︎先生から注意されることが直せない


また、もしあなたがピアノの先生だったら


✖︎生徒がガチガチなのをなんとかしてやりたいが

どのように指導したらいいのかわからない

✖︎力を抜いて弾いてと言っても伝わらない

✖︎実は脱力って自分ができているかどうかわからず自信がない




これは

ピアノにおいての『脱力』が

どういうものだかイメージがついていないからかもしれません。。。



それではいつまで経っても

なかなか進みません。


先が見えない中をただひたすら進んでも出口が見つからないからです。


あなたが何につまづいて

何に困っているのかを解決しませんか??


この5回の動画をご覧になると

ピアノを弾くにあたって

力が入るカラクリ

脱力するとはどういうことか

自分がどこにつまづいているか

などが理解できて

力を抜くイメージが

できます。


ご自身のピアノの弾き方、また、生徒さんへの指導の仕方に役立てていただきたいと思います。


Vol.1 あなたはなぜ力を抜きなさいと言われたのでしょう? 

Vol.2 脱力とは?

Vol.3 力が入るカラクリについて

Vol.4 力が入っているのにやってはいけないこと

Vol.5 まとめ・自分を俯瞰しよう


ぜひ最後までご覧ください。



脱力フィンガートレーナー

ピアノの先生の演奏力、

講師力アップの専門家

    水谷 ちかこ




脱力フィンガートレーナー

ピアノの先生の演奏力、講師力アップの専門家

オンラインスクール主催


脱力・フィンガートレーニングを通して

ピアノをラクに綺麗な音を出すために必要なことを

セミナーやワークショップで

誰にでもわかりやすくお伝えしています。

手首と指の感覚を切り離してラクにピアノが弾ける『魔法のリストボード』

親指を使わずに、脱力の感覚がわかる『親指なしのハノン』

右手と左手を別々に動かしやすくなる脳トレ

(童謡ハッピートレーニング)

これらの独自のツールも使って、

オンラインスクールでは

ピアノの先生たちが、脱力しながら

ご自身の演奏力だけでなく

講師として生徒さんたちへの伝え方もアップする方法を

お伝えしています。